出産後 黒ずみ

出産後の皮膚の黒ずみの治し方

お尻ニキビ

妊娠中から皮膚の黒ずみが気になりだすよね
出産をしたら黒ずみは自然に治るのかって事なんだけど

 

ホルモンバランスの乱れや
ストレス、日常の生活習慣など
様々な原因があるので

 

自然にしているとなかなか治りにくいのが事実
大体、1年位かかります


産後の黒ずみを早く治すには

出産後、妊娠前の身体に戻るかと言えばそんな事は無いのです

 

出産で骨盤も開いているので是非、骨盤体操などで
骨盤を閉める努力をしましょう

 

骨盤が開いた状態のままだと、その部分に脂肪が溜まり
大きなお尻になる原因となります。

 

妊娠・出産を繰り返すとお尻が大きくなると言うのは
骨盤の開きが原因です。

 

で、皮膚の黒ずみですが
乳首が黒ずんだりするのは、一説には
色を認識しにくい新生児(赤ちゃん)が乳首の位置を確認出来るように
黒くなると言われています。

 

その他の部分が黒くなるのも、やはりその影響なのでしょう

 

黒ずみの正体は、メラニン色素が古い角質と共に残っている事
この古い角質を早く、入れ替えてあげれば良いわけなのですが

 

ここで、角質を削るピーリングと言う方法もあるのですが
それは一時的な対応にしかならず、削り続ける必要があります
肌を傷めつけていると言うことにもなりかねないので

 

ピーリングよりもお保湿をして、潤いを与える事をお勧めします。

 

特に太ももや股、お尻にかけてのデリケートゾーンの黒ずみは
通常の美白ジェルなどでは、他の部位に比べて
角質が厚くなっているので角質の奥まで届かないと言う事実もあります。

 

その為、デリケートゾーン専用の無添加美白ジェルがありますので
そちらを検討してみてもいいかもしれません